日高連について

事務局長就任のご挨拶

日本高齢期運動連絡会 事務局長 畑中 久明

 5月14日の総会で事務局長に選任されました畑中久明と申します。

 私は今年6月30日まで東京ほくと医療生活協同組合の専務理事の任に就いています。65歳定年を過ぎましたので若手に交代し、高齢期運動にかかわらせていただくことになりました。日本の高齢期運動は今、「日本高齢者人権宣言」を確定し、運動の新しいページを開こうとしています。そして、周りを見れば、日本の民主的運動を担ってきた大ベテランばかりです。この時期に事務局長の任に就くことに大変緊張し、身が引き締まる思いです。

 11月23日-24日に開かれる「高齢者大会in京都」の準備、「75歳以上2割化中止」をもとめる国会議員への要請行動、記者会見など、戸惑う日々です。高齢者をめぐる問題は毎日のように取りざたされています。電車やバスに乗っても、道路を歩いても、これまで何気なく見てきた光景をけっして高齢者に優しくないなと、感じるようになりました。私自身も当事者の一人として、また多くの仲間と楽しみながら社会をかえていく運動にかかわっていきたいと思います。